滋賀の選挙について

滋賀の選挙に関しては現在は原発推進と反原発派の争いとなっていて、知事選などに関しては反原発派が有利な情勢となっています。原発を推進する市民たちは地域経済や雇用の促進を重視している市民で、反原発は滋賀県が推し進めている環境にやさしい都市づくりを目指している市民たちです。この地域は環境に対する意識が強いことで知られているので、琵琶湖周辺の自然を守る活動などを通して環境問題に対する市民感覚を磨いています。また大企業の工場が立地している地域で、環境に力を入れている企業も多数進出していることから、行政も環境対策を強く推し進めているので、このような事がリンクして反原発のエネルギーとなっています。
現在の政権与党は自民党ですが、経済関連団体との結びつきが強く、電力会社との利害関係もあることから原発稼動を強く推進していて、根拠となる活断層や過去の自身に関する調査に基づいて原子力施設を稼動させる手続きをしようとしています。